グローバル秩序転換期の

開発研究をリードする

white block and rainbow

About Us

私たちは国境を越えて横たわる国際開発に関わる諸問題に関し、新たな地平を生み出すことを目的としています。

4be14a4e31ae88fe9aabaa6a594e2b5f

NEWS&EVENTS

本学学生がサントトマス大学で研究報告

本学大学院国際社会科学府博士課程前期1年の浅野恵里奈さんが、2020年2月28日に協定校であるUniversity of Santo Tomas(マニラ市)で行われた国際合同セミナーにて研究報告を行いました。

日頃の学修の成果を報告する浅野さん

Read more.
国際開発学会で報告

2019年11月16-17日に東京大学で開催された国際開発学会全国大会で、佐藤峰准教授と小林誉明准教授がそれぞれ研究報告を行いました。小林誉明 「国際開発のアカデミックなマーケットにおいて若手がいかにして活躍できうるか」 「開発に携わる若手のコミュニティ構築に向けて」セッション、国際開発学会−人間の安全保障学会2019共催大会、東京大学駒場キャンパス、2019年11月16日。

日頃の研究成果を報告する小林准教授

 

Read more.
JICA×YNU連携講座

2019年8月5~7日に、JICA横浜において小林誉明准教授がワークショップを行いました。これはウガンダの開発問題に関して、学生が各省庁ごとにチームを組み、JICA本部(アフリカ部ほか)にプロポーザルを説明して交渉するというロールプレイ形式で進められました。参加した学生たちは春学期中から、学修と準備を進めて本番に臨みました。最後には、そこで出てきた最終案について、JICA現地事務所から評価をいただきました。

各省庁ごとに分かれて戦略を検討する学生たち

Read more.

「パワー・トランジション」時代の

開発研究をリードする

about-back

ABOUT US

私たちは国境を越えて横たわる国際開発に関わる諸問題に関し、新たな地平を生み出すことを目的としています。

本学学生がサントトマス大学で研究報告
本学大学院国際社会科学府博士課程前期1年
国際開発学会で報告
2019年11月16-17日に東京大学で